ジェイ・ステーション

20日間 断食したぼくが伝える、イスラム教のラマダンとは

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

 

国民の90%がイスラム教徒を占めるバングラデシュでは、ラマダンと呼ばれる断食月があります。

2016年も6月7日からラマダンが始まり、約1か月続きます。

 

断食といえば、30日間絶食を想像しそうですが、イスラム教の断食とは何も食べないわけではありません。

今日はラマダンの正体を暴いていきましょう!

 

f:id:jstation:20160608015113j:plain

断食月ラマダンとは

 

太陽暦で数えられるラマダン期間は、毎年10日前後ずれていきます。

つまり2016年は6月7日からはじまりましたが、2015年は6月18日から始まっています。

面白いのが新月が確認されてから始まるので、雲で隠れて見えないと1日遅らせるという曖昧さもあって、世界中同じ日にはじまるわけではないんです。

 

初めてバングラデシュに来た2013年は7月からはじまったため、ぼくの中では完全に夏の行事なのですが、10日ずつずれていくということは、そのうち冬にもラマダンはくるわけです。33年で全ての全ての季節を1周すると言われています。

 

断食月ラマダンのルール

 

断食と言われるくらいなので、30日間は飲食をしません。

ただし、1日中というわけではなく、日の出から日没まで飲食を絶てばいい ので、逆を言えば 日没から日の出の間は飲み食いができる わけです。

つまり断食といえども、しっかりと1日3回食事をとります。

 

食べ物、水分、タバコ、唾を喉に通すのが禁止 されていて、イスラム教徒の人たちははたらからみると苦しいはずの、このラマダン月を 神聖 な時期と言って当たり前に過ごしています。

 

但し例外もあり、

  • 旅行者
  • 重労働者
  • 妊産婦
  • 病人
  • 高齢者
  • 乳幼児(子ども)

などは免除対象であり、倒れてしまうなど身体に悪影響を及ぼしてまで断食をする必要がないと言われています。

 

イスラム教徒ではないぼくからすると、食事はまだいいとして、日中水分をとれないというだけでも身体に悪影響だと思いますけどね。

まあでもこれは宗教上のことなので、善し悪しで判断してはいけないことでしょう。

 

※性行為、投薬、過激派地域では電気使用も禁止されています。

 

白夜地域のイスラム教徒

 

一つ疑問がでてきませんか?

国や季節によって日照時間の長短がありますよね。

冬は日照時間が短いので絶食時間も短くてすむ利点があります。

 

基本的には日の出と日没時間はどの国でもあり、夜がこないなんてところはないはずなのですが・・

あれちょっと待って!北欧の白夜地域のイスラム教徒の人たちはどうしてるんでしょうか。

考えただけで恐ろしい。それこそ30日間絶食でしょうか?

 

正式なルールなのかは定かでありませんが、こちらに詳細が書いてありました。

2015年ラマダン 太陽が沈まない国のイスラム教徒はいつ断食が終わる? | アラブ首長国連邦 歴史・文化・芸術 | 旅行ブログ【トラベルコちゃん-旅行情報】

 

時間による決まりはなく、仕事に支障が出たり、立つこともできなくなるほど衰弱を感じたらその時が断食明けのタイミングである。

 

だそうですが、曖昧すぎません?(笑)

周辺国、または平均的な断食時間に合わせて行って良いとされているようです。

 

同じこと繰り返しますが、水分とれないだけでも支障きたすと思いますけどね。

信仰心と気力の問題なのかな。

 

日没後に口にする3食とは

 

ラマダンとは1日中絶食をするわけではなく、日没後に食べてもいいと言いました。

バングラデシュのイスラム教徒は夜に3回しっかり食べます。

いや~身体に悪いですよね。(と言ったら怒られるかな)

 

イスラム教徒の人たちは、苦しい時期とは思っておらず、神聖なので、この時期を乗り越えると体が新しくなり、健康的な体を得ることができると考えています。

 

ないない(心の叫び)

 

だって、約8時間に3回食べるんですよ!

しかもバングラデシュの人たちは米を中心とする炭水化物と、油ものが非常に多いので確実に太ります。この ラマダン中は断食をしているにも関わらず、肥満になる人も多い と言われています。

 

さて日没後の3食を紹介します。

 

イフタール(日没後の食事)

 

f:id:jstation:20160608000111j:plain

 

ボールにポン菓子と揚げ物、野菜、唐辛子をいれて、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて、みんなでそのボールを囲んで食べます。

 

初めてこの光景を見た人は驚くはずです。

仕事をしていようが何をしていようが、夕方6時くらいから包丁を取り出してカットし、調理を始め出すので。

車を運転していても下りて、イフタールを食べにレストランに入ったり、勝手にお店に入って一緒に食べるのが一般的です。

 

イフタールの基本は

  • ムリと呼ばれるポン菓子
  • 細かく刻んだ青唐辛子
  • ひよこ豆
  • 茄子の揚げ物
  • 玉ねぎの揚げ物
  • ケジュールというナツメヤシの実

をぐちゃぐちゃにかき混ぜます。

レストランだと、それぞれが形を成しているので一つ一つ食べることは可能です。

 

そしてショルボットという水、砂糖、香辛料、レモンを入れたレモネードのような飲み物を一緒に飲みます。

 

日本の女性は特に仰天するでしょうね。

カロリー高すぎですよ!

日中ずっと食べず最初に口にするものなので、血圧がぐっとあがりそうです。

 

このイフタールは30日変わらず同じものを食べ続けます。

ちなみにこのイフタールは軽食です。

 

日本人にとっては不思議な光景ですが、イフタールの前はみんな幸せそうな顔をするんです。ぼくにとってはとても好きな時間ですね。

 

f:id:jstation:20160608001253j:plain

 

夕食(22時~23時)

 

そしていつもと同じ時間帯に通常の夕食です。

バングラデシュはカレーです。

 

f:id:jstation:20160608002639j:plain

 

f:id:jstation:20160608003628j:plain

 

毎回こんなに豪勢ではないですが、コメを食べる量は半端ないです。

お茶椀じゃないですからね。平たいお皿に山盛り2杯3杯。。。

 

そしてご飯を食べるとすぐに寝ます。

いや、太るでしょ!

ベンガル人のお腹は女性も男性も度が過ぎるほどぽっこりしているのは頷けます。

 

セヘリ(夜明け前の食事)

 

夜中2時半から3時くらいに強制的に起きて、食事をします。

もはや拷問です。

もう食事の写真を載せるのはやめます。

お腹いっぱいですよね?

 

ぼくは記事を書きながらゲップがでそうです。(ごめんなさい)

 

セヘリを食べると、また寝ます。

いつも思うのが、セヘリを作り人が大変だと思うんですよね。

どんだけ早く起きなきゃいけないんですか!

だから調理をしないものや、夜につくっておいたものを食べることが多いです。

 

ラマダンに挑戦

 

せっかくバングラデシュにいるのだから1度は体験しようと思い、2014年のラマダン月に挑戦したんです。

ベンガル人と同じように、イフタールを食べて、夕食を食べて、セヘリを食べる。

 

結果は20日間達成できました!

そこまでやったら30日間やれよ、と言われそうですが、まあそこはもう体が悲鳴を上げたからです。

というのは嘘で、誘惑に負けたからです。

バングラデシュの地方では比較的ラマダンを敢行しやすいんです。

でも首都のダッカにいってしまうと、レストランはある、飲み会はある、日本人と会うという誘惑により、断念してしまいました。

 

でもこの20日間太陽が上がっている時は、飲み食いしなかった経験は思い出に残りましたね。

感想はただただ辛く、体調がすこぶる悪かったです。毎日睡眠不足。

気温35度、湿度80%の中、水分を摂取できないのはもはや拷問です。

 

さあ日本のみんなも今日から断食はじめよう!

いや、良い子のみなさんは真似しないでください。

 

ステーションまとめ

 

実はラマダン中、イスラム教徒でも日中に飲み食いしている人たくさんいるんですよ。隠れて・・・

まーイスラム教に反してるから、お前らはイスラム教徒じゃない、なんなんだーってぼくが怒鳴り散らしてましたけどね。

お店は閉まるところが多いですが、カーテンを閉め切ってオープンしているところも多く、路上や人の目の前では食べられないので、こっそり?飲み食いしている人があちらこちらにいるのがバングラデシュのゆる~いところです。

 

 

2016年はラマダンやりません!

 

👈読者登録はこちらから

 

 

バングラデシュが気になる方はこちらもどうぞ! 


© 2016 ジェイ・ステーション