ジェイ・ステーション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リオ五輪2016】難民選手団10人は世界の希望となるか(※結果更新)

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

 

私は希望の代表

 

そう語ったのは、リオ・オリンピックで初めて結成された難民五輪選手団の女性選手。

 

内戦激しいシリアから脱出した18歳のユスラ・マルディニが、8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪で競泳に出場する。「五輪は最大の夢。世界中の難民と希望の代表として戦う」と抱負を語った。

 

国の代表として参加ができない難民選手団ROT(Refugee Olympic Team)は世界の希望となるのか?

その横顔を紹介します。

 

f:id:jstation:20160806031340p:plain

出典先:2016年リオ五輪に出場する10人の難民選手団|国連UNHCR協会

難民とは

難民とはどういった人なのでしょうか。

オリンピックの難民選手団を説明する前に、難民の定義を理解しておきましょう。

  • 人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた人々
  • 政治的な迫害のほか、武力紛争や人権侵害などを逃れるために国境を越えて他国に庇護を求めた人々
  • 紛争などによって住み慣れた家を追われたが、国内にとどまっているかあるいは国境を越えずに避難生活を送っている「国内避難民」

引用元:UNHCR Japan - 難民とは?

 

2015年のUNHCR報告によると、世界には紛争や迫害を逃れて、家や国を追われた人の数が6500万人にのぼります。

参考▶UNHCR - UNHCR Global Trends 2015

 

6500万人というと、今大流行しているポケモンGOがアメリカで発売されてから1週間で登録したユーザー数だそうです。

参考▶たった一週間でアメリカのポケモンGOユーザーが6500万人を突破(人口3億人)

 

と言われてもわかりづらいですね。

日本の人口の約半数が難民ということです。

ものすごい数ですよね。

6500万人の難民を代表して、10人がリオ・オリンピックに出場します。

 

難民五輪選手団10人

f:id:jstation:20160806033425p:plain

出典:https://www.facebook.com/RefugeeOlympicTeam/?ref=nf

 

難民選手団はオリンピックの旗をチーム国旗として戦います。

どんな選手がいるのか紹介していきましょう。

 

Yusra Mardini シリア出身

水泳100m自由形、100mバタフライ

私は皆さんに、苦しみの後、嵐のあとには落ち着いた日々がやってくるということを示したいのです

結果
  • 100mバタフライ▶1組1着 1分09秒21 予選敗退
  • 100m自由形▶1組7着 1分04秒66 予選敗退

 

Yiech Pur Biel 南スーダン出身

陸上800m

オリンピックの舞台で走ることで、自分と同じ境遇にある難民に、人生は変えられるというメッセージを送りたいです。


結果
  • 800m予選▶4組8着 1分54秒67 予選敗退

 

Yolande Mabika コンゴ民主共和国出身

柔道70kg級

オリンピック出場は私にとって人生を変えてくれる大きなチャンスでもあります。私の活躍が伝えられ、離ればなれになってしまった家族と再会できることを願っています。

結果
  • VS リンダ・ボルダー(イスラエル)一本負け 1回戦敗退

 

Yonas Kinde エチオピア出身

陸上マラソン

難民であっても能力は発揮できるということを伝え、今避難している皆の励みになればと思う。


Rose Nathike Lokonyen 南スーダン出身

陸上800m

今私にできることは、一生懸命練習して本番で自分の力を出し切ることだけです。リオでは、支えてくれるすべての人々の想いをのせて走ります。私の走りを通して、周りの人に勇気や希望を与えたいです 

結果
  • 800m予選▶2組7着 2分16秒64 予選敗退

 

Paulo Amotun Lokoro 南スーダン出身

陸上1500m

僕は難民の代表として走ります。テレビやフェイスブックを通して、自分の勇姿を難民キャンプにいる仲間に届けたいです。

結果
  • 1500m予選▶2組11着 4分03秒96 予選敗退

 

Popole Misenga コンゴ民主共和国出身

柔道90kg級

私には家族がいなかった。その代わりに柔道がありました。平常心や規律、そして何かに熱中するということ・・大切なこと全てを柔道から学びました。

結果
  • VS アヴダール・シン(インド)有効勝ち 2回戦突破
  • VS 郭同韓(韓国)一本負け 3回戦敗退

 

Rami Anis シリア出身

水泳100m自由形、100mバタフライ

トルコ国籍のない僕は、いくら練習しても試合に出ることはできませんでした。それはまるで、受ける予定のない試験に向けて、毎日必死に勉強しているようなものです。

結果
  • 100m自由形▶2組6着 54秒25 予選敗退
  • 100mバタフライ▶2組8着 56秒23 予選敗退

 

Anjelina Nadai Lohalith 南スーダン出身

陸上1500

お金があれば、人生は今よりももっと良い方向に変えられるかもしれない。最初の賞金で、お父さんに家を建ててあげたいんです

結果
  • 1500m予選▶2組14着 4分47秒38 予選敗退

 

James Nyang Chiengjiek 南スーダン出身

陸上400m

私が早く走ることが、難民を助けることになると感じていました。難民は多くの才能を持ちながら、それを活かすチャンスに恵まれません。今年のオリンピックでは、そんな難民にチャンスが与えられました。これまでの人生を思い返し、それを自分の強さに変えたい。難民がより良い人生を送れるように願って、私は走りたい。


※参考・引用1▶【UNHCR Japan】【リオ五輪「難民選手団」10人の声】

※参考・引用2▶ TeamRefugees(@TeamRefugees)さん | Twitter

※参考・引用3▶Team ROT at the Rio 2016 Olympics

結果
  • 400m予選▶4組8着 52秒89 予選敗退

 

リオ五輪が難民を知るきっかけに

難民選手団の結成の際、国際オリンピック委員会(IOC)会長であるバッハ氏は、

故郷を失い、国旗や国歌がなくても、チーム全員が五輪の希望のシンボルになる。リオ五輪は歴史的な一歩になる。

という発言をしています。

 

国を背負って戦うオリンピックが、難民チーム結成によって、スポーツを通して世界が一つになる瞬間に立ち会えるのではないかとぼくは期待しています。

そしてこの難民チームが参加することによって、世界に6500万人いる難民への関心が今以上に高まるきっかけになればいいなと思っています。

 

生き延びるために国を逃れなければいけなかった人たち、国を逃れても安心して過ごせる場所に辿り着くまでの困難は、日本で生まれ育ったぼくには到底理解できないことです。

しかし理解できないから関心を持たなくていいわけではないはずです。

ぼくはこれからも世界の難民のことを知り、発信して、日本が難民の人たちに寄り添える国になれるよう呼びかけていきます。

 

本日のJステまとめ

オリンピック初の試みとなった難民選手団の結成。今回は10人が個人種目での参加になりましたが、東京オリンピック以降、難民チームの団体(サッカーやバレーボール等)参加も認められるようになるとまた可能性が広がるなと思っています。

日本選手の応援ももちろんですが、途上国や難民チームにもぜひ注目して応援してほしいなと心から願っています。

 

2016年リオデジャネイロオリンピックは世界の希望になる!

 

※難民についてはUNHCRのHPに詳しく記載されています。

UNHCR Japan(日本語)

UNHCR - The UN Refugee Agency(英語)

 

 

自分の故郷を代表して出ている選手もいるのに、難民チームとして出場しなければいけない複雑な心境もあるかもしれませんね。

 

👈読者登録はこちらから

 

※オリンピック関連記事はこちら

© 2016 ジェイ・ステーション