ジェイ・ステーション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リオ五輪2016】オリンピック陸上競技のみどころ!Vol.10~女子5000m・男子200m~(※結果更新)

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

 

リオ・オリンピック陸上特集第10弾です。

これまでの記事はコチラ

陸上競技中盤戦、どんどん日本人選手が出場します。

今日は女子5000m男子200mの合計6人の紹介です。

 

f:id:jstation:20160816235029j:plain

女子5000m

女子5000mは10000mに出場した選手も多くいます。10000mの金銀の選手も出場しますね。

10000mと違って、5000mは予選、決勝の2回は知る必要があるので、予選はどの程度抑えてくるのか。ただ抑えすぎて決勝にいけないということがないようにしなければいけません。そのあたりが同じ長距離でも5000mの難しいところかもしれません。

日本からは10000mを欠場した鈴木選手をはじめ合計3人の選手が出場します。

 

女子5000m 鈴木亜由子選手

f:id:jstation:20160816201746p:plain

出典:地元開催の日本選手権で「長距離2冠」にチャレンジする鈴木亜由子に注目!

 

10000mと5000mのダブル代表になった鈴木選手。日本選手権は2位でしたが、派遣標準記録をすでに保持していたため、代表権を勝ち取りました。

10000mは残念ながら足の違和感で欠場してしましたが、5000mにかけてきました。ぜひ予選を突破して彼女を笑顔を見たいですね。

鈴木亜由子 - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 

女子5000m 尾西美咲選手

f:id:jstation:20160816202536p:plain

出典:陸上世界選手権|スポーツナビ

 

日本選手権では10000mで優勝した鈴木選手を抑えての優勝。既に派遣標準記録を突破していた尾西選手は、初めてのオリンピック代表権を勝ち取ります。

2013年、2015年と世界選手権にも出場し世界の舞台も経験しています。

まずは決勝進出を狙ってほしいところです。

尾西美咲 - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 

女子5000m 上原美幸選手(決勝進出)

f:id:jstation:20160816213049p:plain

出典:上原 美幸 Miyuki Uehara - 公益財団法人日本陸上競技連盟

 

代表3人目に食い込んだのは上原選手。選考会の日本選手権では5位に沈みますが、既に派遣標準記録は持っており、標準記録突破者の中で、日本選手権の順位は尾西選手、鈴木選手に次ぐ3位だったのです。

まだ20歳の選手。初めてのオリンピックで経験を積んでほしいですね。

上原美幸 - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 

女子5000m 記録とみどころ

▶世界記録・・・14分11秒15 ≪Tirunesh Dibaba≫ エチオピア 2015

▶日本記録・・・14分53秒22 ≪福士 加代子≫ 2005年

▶アジア記録・・・14分28秒09 ≪Bo Jiang≫ 中国 1997年

▶バングラデシュ記録・・・21分17秒60 ≪Aktar Sumi≫ 2016年

 

3人のうち誰かが14分台だしてもらいたいですねー。予想ですが予選は15分20分くらいを出せば決勝にいけるのではないかと思います。

5000mは400mトラックを12周と200m走ります。周回遅れもでてくるので、だれが先頭を走っているか見逃さないようにしてください。

最初からハイペースなのか、途中でペースをあげてくるのか、組によってかわってくるのでそこに注目してみてください。

 

  • 女子5000m予選▶16日(火)21時30分
  • 女子5000m決勝▶20日(土)9時40分

 

テレビ放送はコチラをチェック

 

女子5000m 予選組み合わせ

予選は2組で行われ、各組5までと6位以下のタイムが良い上位5人の合計15決勝に進みます。

上原選手11レーン尾西選手22レーン鈴木選手28レーンに登場です。2組は10000mの金銀の選手がいるので、もしかしたらハイペースになるかもしれませんね。

結果
  • 5000m予選 上原選手▶1組7着 15分23秒41 決勝進出 
  • 5000m予選 尾西選手▶2組9着 15分29秒17 予選敗退
  • 5000m予選 鈴木選手▶2組12着 15分41秒81 予選敗退

3番手で代表が決まった上原選手が見事決勝進出です。1人でも行ってくれたらいいなと思っていましたが、シーズンベストを出しての予選突破、お見事です。

決勝では自己ベストを期待したいですね。決勝は20日(土)の9時40分からなので、少し間が空きます。

 

女子5000m 決勝組み合わせ

なんと女子5000mの日本人決勝進出は20年ぶりだそうです。決勝の壁が厚かったんですね。若手の上原選手すごい!

さて決勝10レーンからスタートです。強豪ぞろいですが、向かっていってほしいですね。楽しみです!

結果
  • 5000m決勝 上原選手▶15着 15分34秒97 

10000mで銀メダルだったケニアの選手がオリンピック記録で優勝をさらいました。14分台が7人も出るハイスピードな展開でしたが、予選同様に上原選手は最初から先頭にたって引っ張っていきました。後半ついていくことができませんでしたが、それでも最後まで粘り強く走り切りました。

この経験を糧に東京五輪で輝いてほしいなと思います。

 

男子200m

この種目は日本の中でも非常の層の厚い種目で、3選手が出場します。しかも3人全員が派遣設定記録の20秒28を突破しての代表、日本歴代2位から4位の選手で占めています。これは文句なしですね。

オリンピックでのメダルこそありませんが、2003年の世界陸上で末續慎吾さんが銅メダルを獲得し注目を集めた種目でもあります。

今回は最強3人衆がどこまで力を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

 

男子200m 飯塚翔太選手

f:id:jstation:20160816230508p:plain

出典:【男子200m】【裸、筋肉あり】飯塚翔太のイケメン画像を集めてみた【リオ五輪】

 

世界ジュニア選手権200mで日本人初の優勝を遂げた飯塚選手。選考会の日本選手権前までは派遣標準記録を突破しているだけでした。

そして日本選手権ではなんと、2011という派遣設定記録もさることながら、日本歴代2の記録をだし優勝します。

今回はロンドン五輪の予選敗退の悔しさを晴らしてほしいですね。

飯塚翔太 - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 

男子200m 高瀬慧選手

f:id:jstation:20160816231155p:plain

出典:高瀬慧 世界陸上有力!桐生と並ぶ短距離のエース画像やプロフィール 

 

日本短距離界を長きにわたって引っ張っている高瀬選手。ロンドン五輪では200mで準決勝まで進んでいます。今回は決勝に何が何でも行きたいと思っているでしょう。

日本歴代42014を引っ提げてのオリンピック挑戦。

どんなレースをしてくれるか楽しみです。

高瀬慧 - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 

男子200m 藤光謙司選手

f:id:jstation:20160816231915p:plain

出典:キヤノン:世界陸上2015 北京 | インタビュー 藤光 謙司

 

30歳を迎えたベテラン選手。日本選手権は6位に沈みましたが、日本歴代32013という記録をもって初めてのオリンピックに挑みます。

日本選手権での不調が気になりますが、これまでの想いを背負って日本選手3人を引っ張って行ってくれると思います。期待しましょう!

藤光謙司 - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

 

男子200m 記録とみどころ

▶世界記録・・・19秒19 ≪Usain Bolt≫ ジャマイカ 2009年

▶日本記録・・・20秒03 ≪末續 慎吾≫ 2003年

▶アジア記録・・・19秒97 ≪Femi Ogunode≫ カタール 2015年 

▶バングラデシュ記録・・・21秒15 ≪Mohd Mahbub Alam≫ 1999年

 

ボルト選手の100mとの二冠に注目が集まります。100m2位のガトリン選手も雪辱したいと思っているでしょう。この200mは100mよりも注目度が高いかもしれません。見逃せませんよ~。

日本選手3人はどんな記録で走ってくれるのでしょうか。

まずは準決勝進出を狙ってほしいですね。

 

  • 男子200m予選▶16日(火)23時50分
  • 男子200m準決勝▶18日(木)10時00分
  • 男子200m決勝▶19日(金)10時30分

 

テレビ放送はコチラをチェック

 

男子200m 予選組み合わせ

予選は10組で争われます。各組2までと3位以下の記録の良い上位4の合計24準決勝に進む、狭き門です。

まず先陣を切るのが飯塚選手33レーンを走ります。続いて登場するのは藤光選手58レーンです。この組には米国のガトリン選手もいます。そして最後に登場するのが高瀬選手92レーンで、なんとボルト選手(5レーン)と同組になりました。

夜遅いですが、これは見逃せませんね。

結果
  • 200m予選 飯塚選手▶3組4着 20秒49 予選敗退
  • 200m予選 藤光選手▶5組6着 20秒86 予選敗退
  • 200m予選 高瀬選手▶9組6着 20秒71 予選敗退

まさかの事態に困惑中です。

最強3人衆だと思った矢先、誰もが予選通過ならず。

これはリレーもどうなってしまうのでしょうか。

本人たちが一番ショックを受けていると思いますが、リレーに向けて切り替えてほしいです。

 

本日のJステまとめ

女子5000mと男子200mの6選手を紹介しました。

良い記録をもってオリンピックに出場していても、本番で最高のパフォーマンスができるとは限りません。

その中で世界のトップ選手たちは本番に焦点をあてて、結果をだしてきます。本当にすごいですよね。

そんな選手たちの姿をぜひ見てくださいね。

 

 

 上原選手5000m決勝進出おめでとうございます!

 

👈読者登録はこちらから

 

オリンピック関連雑誌を買って応援しよう

 

 

オリンピック関連記事はこちら

© 2016 ジェイ・ステーション