ジェイ・ステーション

あなたは今、大切にしたい価値観を忘れない環境にいますか?

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

f:id:jstation:20160314120159j:plain

 

あなたの大切にしたい価値観はなんですか?

  

もしそんなことを聞かれたら、すぐに答えることができますか?

 

ぼくはなんとなくはあるけれど、いざ言葉にしようと思ったらきちんと言えない。

「価値観」という反論はできないけど曖昧な言葉に一喜一憂することもある。

ぼくは自分にとって大切な価値観を忘れないために、いまバングラデシュにいます。

このステーションでは読者のみなさん自身に考えてもらう時間にします。

 

価値観が同じ、違う

価値観が合うねってどんな時に使いますか?

なんとなく一緒にいて居心地がいい、共感する話題が共通している。

ぼくはそんな時、価値観が合うと感じます。

 

では価値観が違うとは?

一緒にいてなんか波長が合わない。

コミュニケーションのテンポが異なる。

好きなことが違う。

そんなとき価値観が違うと思います。

 

辞書的意味ではなく、価値観とは

 

どんな気持ちの時、自身は心地よいと感じるのか

 

だとぼくは思っています。

 

自分の価値観はなに?

価値観の合う人と仕事がしたい。

価値観の合う人と結婚したい。

価値観の合う人と友達になりたい。

 

恐らく多くの人が願っていることではないでしょうか。

ではあなたは自身の価値観を言語化できていますか?

 

ぼくはまだ彼のことを知ったばかりなのでよくわかっていませんが、

まだ東京で消耗してるの?

で有名なイケダハヤトさん。

 

 

彼は自身の価値観を言語化できているから、

大切にしたいことがわかっているから、

あれだけ自信をもって発信しているのだと思います。

 

強い言葉で断定されると、人は反発心をもってしまいます。

ぼくは彼の考えに賛成するときもあれば反対するときもあります。

彼は自分と同じ価値観をもつ人に、きちんと何が大切か考えろ、と問いかけているのではないでしょうか。

 

だから東京にいないで田舎で暮らした方が、その価値観大切にできるよ、と自身の暮らしぶりを伝え続けているんだと思います。

 

そして彼自身の価値観を大切にして暮らすために、手段がブログをはじめとしてネットメディアだったのだと思います。

 

※ぼくはイケダハヤトさんをたった2週間前に知ったばかりですし、話したこともあったこともありません。彼の書籍やtwitter,ブログなどの発信を読んで、解釈したので、違っているかもしれません。

 

価値観を大切にできる環境

本当に大切にしたい価値観を言語化する。

そしてその価値観と現状が異なるなら、そのずれを正そうとする。

それができる人は少ないんだと思います。

だから、それができている人を羨ましいなと思う。

向き合う勇気がなくて、言い訳をして、羨ましいなと思う自分を抑えようとする。

 

でも本当は自分の居心地がよいと思える環境に身をおきたいんじゃないでしょうか。

ぼくは自分の大切にしたい環境が2年間のバングラデシュ生活を通した言語化できた。

そしてその環境に身を置きたい。

そう思ったから、再びバングラデシュに戻ってきたのです。

 

ステーションまとめ

大切にしたい価値観が現状と異なった時、それを埋めるために行動できる人は多くはないと思います。勇気がいることです。

仕事を変える。

住む場所を変える。

付き合う人を変える。

どれも簡単なことではないかもしれません。

でも一度、自分にとって大切にしたい価値観を考えてみませんか?

 

自身の価値観がわかったら、次のステーションへGO!

読者登録お願いします!

© 2016 ジェイ・ステーション