ジェイ・ステーション

「日本語能力に差し支えるので、明日からドラえもん放送禁止です」と言われたら。

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

f:id:jstation:20160312173710j:plain

ドラえもん好きですかー?

ドラえもんってなんで好きなんだろうね。大人になった今でも時々見たいって思う。

それが、明日から放送禁止ですっていきなり政府から発令されたらどうする?

ドラえもんが大好きな子どもたちは、なんでなんで~とずっと泣き続けるかもしれない。

ぼくが住むバングラデシュでももちろん大人気!

ところが放送禁止になってしまったことがある。それはなぜか。日本では考えられないことが起こることを知ってもらいたいので、お届けしよう!

 

学習の妨げになる

2013年2月に、バングラデシュではドラえもんの放送禁止が決定した。

理由はなんと、公用語であるベンガル語に差し支えるから。

この時点では、ドラえもんはヒンディー語でしか放送されていなかったのだ。ヒンディー語はバングラデシュでは公用語ではない。

公用語であるベンガル語を話さずに、ドラえもんばかり見て、ヒンディー語を話し出すと困るのだろうか。

ただし、この理由は憶測の部分が大きく、正式な理由ははっきりしていない。

もし日本で、日本語能力に差し支えるから、ドラえもんの放送禁止ねと言われたらどうします?まー日本では他の国の言語で放送されているものってほとんどないから、それはないと思うけど。

 

放送禁止は解除されたのか

2013年2月の段階ではぼくはまだ日本にいた。バングラデシュに思いを馳せていたころだ。そんな時のニュースで、がっかりしたことを覚えている。

4か月後の2013年6月にバングラデシュに降り立ったわけだが、なんとその時は既にドラえもん放送はやっていた。

放送禁止が解除された情報はどこにもない。いまだに探してもない。自動的に放送再開されるようになったの?どういうことか全くわからないが、子供たちは飽きずに今日もドラえもんを楽しんでいる。

 

ベンガル語放送がはじまった

バングラデシュで放送されているのに、公用語であるベンガル語で放送されていなかったというのも日本からすると不思議な話。

日本でいうと、日本語放送はなく、韓国語のみでドラえもん放送されているようなものだ。

ヒンディー語からベンガル語翻訳ができる人がいなかったのだろうか。もしかしたら著作権の問題で、正式なプロセスで許可をとっていなかった可能性もある。

しかしいつの間にかベンガル語放送も始まっていた。ヒンディー語はベンガル語と似ているが、意味が全くわからない。ベンガル語放送もあるのに、ヒンディー語放送もそのまま放映されている。

 

毎日24時間体制

日本では1週間に1回の30分番組。時々スペシャル番組や映画があるくらいだ。

しかしここバングラデシュでは、ぶっ通しでドラえもん放送されている。子どもたちは見たいだけみれるのだ。

しかも今はヒンディー語とベンガル語の放送がそれぞれ別チャンネルのため、二つの番組を行き来することができる。

24時間かどうかは検証していないが、毎日放送されていることは確かだ。もしヒンディー語だけの放送なら、確かにベンガル語を話さなくなるかもしれない。

 

ドラえもんの発祥地をしらない

ドラえもんはわれらが日本が誇る、アニメキャラクター。世界にその名をとどろかせている。

が、驚くなかれ、バングラデシュの人たちはドラえもんが日本で生まれたものだということを知らない。

ヒンディー語でやっていたから、インド発祥だと思っているのだ。

これはあかーーーーーーーーーーーーんと思って、ドラえもんは日本で生まれたものだよとしっかり宣伝している。

よくよく見ると、日本語もそのまま書いてるやんけ。もちろん日本語とは認識していないよう。

世界に誇るドラえもん、まだまだだったようです(涙)

 

ステーションまとめ

バングラデシュのドラえもん事情をお伝えしました。

放送禁止されたものの、解除されたのかわからないまま再び放送がはじまっているところがバングラデシュらしい。

さらにはいつの間にかベンガル語とヒンディー語の二か国語での放送が始まっている。

しかし日本発祥だということはまだ知らない人が多い。これは日本人が伝えていかなければいけない。

ということで、ドラえもん好きのみなさん、バングラデシュにきてドラえもんワークショップやってください。

f:id:jstation:20160312180750j:plain

ちなみにこちらは、ベンガル語で「doremon」と書いてある。

えっドレモン・・・

ラが抜けている。

やっぱりまだまだのようです。

 

バングラデシュのドラえもん事情がわかったら、次のステーションへGO!

読者登録お願いします!

© 2016 ジェイ・ステーション