ジェイ・ステーション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの役割は青年海外協力隊にチャレンジしたい人を応援すること

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

f:id:jstation:20160314210442j:plain

 

青年海外協力隊の本格的なブログが少しずつ広まりつつある。

これまでも協力隊が書いているブログはたくさんあったし、今もある。

本格的といったのは、見てもらえる、読んでもらえる工夫があり、それを広めようとしているブログのことを指している。ぼくもOBとして読んでもらえるブログを目指している。

今日はその中から、二つの記事を取り上げて、J。すてーしょんの目指すスタンスを宣言しよう!

 

宮﨑大輔さんのJIBURi.com

元青年海外協力隊のブロガーとして、影響力をつけている宮﨑さん。

彼はこんな記事を書いている。

 

 

青年海外協力隊に興味を持った人が、「このブログさえ読めば、もう協力隊に参加する必要はない」と思えるほどのリアリティある体験談を書きたい。

JIBURi.comより

 

良いも悪いもすべて赤裸々に情報を公開している。確かにこのコンテンツは相当な情報量があり、中身も充実しているので、青年海外協力隊に応募したい人・訓練中の人・活動中の人・OGOBにとっても有益である。

 

Kawakita KeiさんのKei's way @ Nepal

更に現役青年海外協力隊のkeiさんは、こんなことを強調している。

 

 

青年海外協力隊が存在するってことはそれだけ世界に問題があるってこと。そもそも問題がなければ協力隊なんていらないわけです。

Kei's way at Nepalより

 

任期終了後は起業することを目標に、隊員活動においても起業家精神をもって取り組んでいる。こちらのブログも1年半以上継続されており、見て飽きないコンテンツになっている。

 

J。すてーしょんのスタンス

二人の全ての記事を読むと偏っているわけではないことはわかる。

、どちらかというと隊員を経験したけど、隊員になりたいと夢見ている人向けではない。

 

宮﨑さんとKeiさんが主張する、「青年海外協力隊はなくなったほうがいい」というのは究極目標だろう。間違ってはいない。

ただし現状この事業があり、応募する人がいる。

だったらぼくはその人たちを応援するほうに回る。

 

こんなところがよかったよ。

こうすればよい方向に考えられるかも。

 

ぼくは協力隊に参加して、心からよかったと思っているし、良かったと思うことしか書くつもりはない。

良いことしか書かれていなくて、コンテンツとして面白くないと感じるならそれはそれでいい。

悪いと思うことの発信よりも、良いと思うことの発信の方がぼくは好きだからだ。

ぼくのスタンスは、青年海外協力隊になりたいと思っている人、迷っている人、活動中の人の後押しをすること。

 

ステーションまとめ

この4月から未来の隊員候補の募集が始まる。

書類など、わからない部分があったらいつでも相談してほしい。

(特にコミュニティ開発に応募する人)

お問い合わせフォーム - J。すてーしょん

 

青年海外協力隊になりたい人を全力で応援します!

 

J。すてーしょんのスタンスが理解できたら、次のステーションへGO! 

読者登録お願いします!

© 2016 ジェイ・ステーション