ジェイ・ステーション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたなにとっての利益はなに?ボランティアが困った唯一の質問

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

青年海外協力隊はボランティアだが、現地での生活費や国内給付金といった最低限の賃金が支給される。(給与という名目ではない)

人によってはそれはボランティアではないという人もいると思うが、ここではボランティアとして話をすすめることにする。

青年海外協力隊としてバングラデシュで活動していたぼくが、2年間を通しても答えがでなかった質問が一つだけあった。

 

「2年間日本で働いていたら稼げたであろう賃金をどうやって補うの?あなたにとっての2年間の利益はなに?」

 

あなただったら、どう答えるか考えながら読んでほしい。

 

f:id:jstation:20160331000505j:plain

 

利益=お金(給与)

 

ベンガル人の親しい友人とこんな会話をしていた。

ベンガル人ぼく=J

 

べ「日本で働いていた時、月どれくらいの給料もらっていたの?」

j「○○円くらいかな」

べ「いまそんな金額もらっていないよね?それでいいの?」

j「いいんだよ。お金には変えられないものを得るためにきたから」

べ「お金には変えられないものって、何?」

j「自分が誰かにとって役にたつ経験。それから知らない土地で一緒に生活して、価値観を共有したり、その価値観の幅を広げることかな」

べ「お金より大事なものなの?」

j「今だってあなたが信じられない価値観を、ぼくが伝えてるわけでしょ。それってお金では買えないものじゃない?」

べ「うーん、違う価値観を知って、自分にとって何が利益なの?利益はお金以外考えられない。ぼくなら絶対やらない」

 

知らないことを知る、自分とは違う価値観を知る、経験や知識、目の前にある直接的なお金より貴重なものだということを理解してもらえなかった。

 

2年間を補うお金

 

話はまた続いた。

べ「2年間日本で働いていたとしたら、今よりももっと多くのお金を稼げたよね。それを捨ててまで、貧しいバングラデシュに来る意味はある?」

j「・・・」

 

ぼくは答えられなかった。

2年間バングラデシュに行かなければ稼げたであろうお金の計算なんてしたことがなかった。

バングラデシュで生活し、お互いの国のことを共有し、その中で何か役に立つことができたら、ぼくにとってはお金以上の価値だと思っている。

そして2年間稼げたであろうお金を取り戻そうという感覚はない。

彼が納得できる回答はできない。そう思ってこの話はやめた。

 

途上国と先進国

 

途上国と先進国に分けることは好きではないが、ここではそう表現する。

もしかしたら「お金」への捉え方が途上国と先進国の人では大きく違うのかもしれない。もちろん同じ国の中でもひとそれぞれ考え方はあるだろう。

「お金以外の利益」

を考えた時に、お金では得られない、または得られ難い経験をしたことがあるのは圧倒的に先進国の人間なのかもしれない。そしてそれが自分にとっての利益だと思える感覚を持てるのも先進国の人間なのかもしれない。

カネやモノがなくても、日本人が忘れたものをもち、幸せに暮らしている。

青年海外協力隊や国際協力に関わる人が1度は考えることではないだろうか。

でもそれはカネやモノを持っている側だからこそ言えることなのかもしれない。

 

ステーションまとめ

 

青年海外協力隊として途上国で活動する」ということが一つぼくの中での利益だった。

でもそれは先進国側の傲慢であり自己満足にすぎないのかもしれない。

世界で困っている人を助けたいという思いも、極端にいうとそう思っている自分に酔いしれているのかもしれない。

それをわかった上で、絶対この活動が誰かの役に立つ、葛藤しながらも強く想い続けられる人が国際協力という場で活動しているし、そうであってほしいと願う。

青年海外協力隊のみなさん、あなたにとって途上国で活動する2年間の利益はなんですか?

 

あなたにとっての利益はなに?を考えられたら、次のステーションへGO!

 

国際問題の1事例を紹介している記事です。こちらもぜひ考えてみてください。

読者登録お願いします!

© 2016 ジェイ・ステーション