ジェイ・ステーション

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

f:id:jstation:20160306184829j:plain

「一時帰国あるある」を募集しているらしい。

募集してるのはこの方。

海外が生活の拠点で時々日本に帰国する読者は「あ~わかる」、日本在住でまったく意味がわからない読者は「えっ常識じゃないの?」と反応をもらえたら嬉しい。日本に住みながらも帰国あるあるのような感覚になっている読者は、日本の中で海外にいる人なんだと思う。

さて折角なので、バングラデシュ在住の僕もこのステーションで「一時帰国あるある」を届けよう!

 

東京は人が少ない

青年海外協力隊の2年の任期を終えて帰国した僕。2年ぶりの東京に降り立った感想は

東京ってこんなに人少なかったっけ?

という驚き。バングラデシュに住んだことのある人はあるあると頷いてくれるニッチな世界。ちなみに東京の中でも人が多いところの人口密度約20000人/K㎡に対して、バングラデシュの首都ダッカの人口密度は約23000人/K㎡。よくわからない方のために、これぞバングラデシュという景色をご覧あれ。

f:id:jstation:20160306193100j:plain

                                                                                                                   Photo by Takamasa

もういっちょ!

f:id:jstation:20160306193956j:plain

                                                                                                                    Photo by Takamasa

北海道の田舎育ちの僕が、東京人少ないね、なんて言ったのは生れて初めてだった。

 

サービス過剰にイライラする

帰国当初は日本のサービスってやっぱりすげーとなる。

  • お金を投げない
  • 愛想が良い
  • ラップに包んである

などなどあげればきりがない。コンビニの女性店員がおつりを渡すときに、下に手を添えるときなんて、僕のこと好きなの?と思ってしまうと誰かが言っていたが、僕も同じ錯覚に陥る。

でもこれが数時間もすると、普段丁寧な扱いに慣れてない僕はイライラしてくる。特に一番腹立たしいのは【ポイントカードありますか?】の質問攻撃。今や日本のどのお店に言っても聞かれる。

もちろん店員さんは全く悪くない。ただ僕の心が荒んでいるだけ。

 

バスが停まってないのに立つ

f:id:jstation:20160306195446j:plain

バスが停まってから席を立って降りる。これ誰がなんと言おうと日本では常識。バスでも頻繁にアナウンスが流れている。「危険ですのでバスが完全に停車してから席をおたちください。」

僕はやってしまった。停車しようとしているがまだ少し動いているレベルではなく、あーもう少しで降りたいバス停だな、前に行こう。と通常運転の時に立って前に行こうとしたのだ。

案の定「お客様危険ですのでお座りください。」

ごめんなさい。バングラデシュでもネパールでもスリランカでもミャンマーでも、動いている間に前に行かなかったら、降ろしてくれないんだもん。

 

スマホの料金体系がわからない

f:id:jstation:20160306201103j:plain

日本のスマホ事情が全然わからない。スマホショップにいって長々と説明を聞くのもうんざり。どれでもいいから、早くくれと言いたくなるのを必死に抑えて、他になに契約すればいいんだっけ、と別のことを考える。いや定員さんは本当に悪くない。ただ僕の心が荒んでいるだけ。

「ご連絡先に携帯電話番号をお願いします」と言われた時には、もう真っ青。今はさすがに日本用のスマホをもっているが、2年間は解約していたため、新規契約。新規契約にも携帯電話の番号が必要ってどういうこと?店員さんも今どき携帯電話もってないの感醸し出して、実家の電話番号で許してもらう。

2年間も日本にいなければ、通信法や電波法とやらも変わり、高くなったり安くなったり、複雑になったりもうスマホ業界ぐっちゃぐちゃ

おまけにSIMフリーが出るようになったのは嬉しいが、複雑すぎるし、高いのか安いのかプランもいまいちわからない状況。

何をいいたいかというと、日本の通信・電波ってすっごくしっかり法で守られているんだなという話。

 

爆買いに混じって、英語でMay I help you?

家電量販店と観光地の外国人旅行客の多さにはとにかく驚いた。店員も追いついていない。2年前にはほとんどいなかった外国人専用スタッフ。何もかも雰囲気が変わってしまった。僕個人としては嬉しいこと。

それはそうと、一時帰国すると一度は英語か中国語、もしくはタイ語で店員さんから話しかけられる。

f:id:jstation:20160306202617j:plain

一番驚いたのは、もちろん日本人の友人と店で買い物中、友人に日本語で話しかける。次の瞬間耳を疑った。

「May I help you?」

えっ、僕に話しかけたのか?

そんなことが一度や二度ではないことが不思議で仕方がない。振る舞いがまずいのかもしれない。もしJ。の一時帰国中、日本人としてあるまじき振る舞いをしていたら、教えてほしい。

 

ステーションまとめ

誰もがうんうん頷ける「あるある」ではないものを選んでみた。

  1. 東京は人が少ない
  2. サービス過剰にイライラする
  3. バスが停まってないのに立つ
  4. スマホの料金体系がわからない
  5. 爆買いに混じって、英語でMay I help you?

 

他の人の一時帰国あるあるを読みたい場合はこちらをどうぞ。

 一時帰国あるあるに賛同できたら、次のステーションへGO!

 

読者登録お願いします!

© 2016 ジェイ・ステーション