ジェイ・ステーション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BESTな選択かどうか悩んだ時の意思決定のプロセス

f:id:jstation:20160403024242p:plain人気記事

就職難?青年海外協力隊が帰国後に陥りやすい勘違い

結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由

日本に一時帰国したら必ず食べたいものランキングTOP10

 

f:id:jstation:20160403024242p:plainおすすめ記事

初対面で聞かれる75のこと in バングラデシュ

一般的な「あるある」にならない一時帰国あるある5選

日本を飛び出し、混沌の国バングラデシュに恋をした男の話

   f:id:jstation:20160305220005j:plain

この選択がBESTなのかどうか、わからなくなるときがあるだろう。

筆者はそんな時、どうやって判断しているのか、どんな考え方で決定プロセスを踏んでいるのかをこのステーションで届けていく。選択に悩んでいる読者の役に立つことを願って。

悩むことは悪ではないと肯定する

何かを選択するときは、「これでいいのだろうか」という感情は誰しもがもつもの。その感情が悪いわけではない。まさに筆者もその感情を常に持ちながら選択している。良い選択をしたい、そう思うのは自然なことだ。 

 Point ① 選択に迫られた時、悩むのは悪いことではない!

筆者が選択に悩んでいたことを例にだしながらプロセスを追っていくことにする。

ここでは選択肢が複数ある場合の例に限るので、選択肢が一つの場合、選択肢すらなくどうしていいかわからない状態の場合は参考にしないでほしい。

また、筆者は結婚することを決めていた為、その上でどの選択をするかということに迫られていた。

参照:結婚願望ZEROだった僕が結婚した理由 - J。すてーしょん

 

選択肢を絞る

悩み:青年海外協力隊後の進路をどうするか

選択肢1:JICAボランティアの短期募集に応募する

選択肢2:大学院留学をする

選択肢3:日本で国際協力関連の仕事をする

選択肢4:海外で国際協力関連の仕事をする

選択肢5:日本の民間企業で国際協力とは関係ない仕事をする

選択肢6:海外の民間企業で国際協力とは関係ない仕事をする

選択肢7:フリーランスとして活動する

この7点の中から1点に絞ろう!

ではない。状況に応じて対応できるよう2~3点候補に絞った方が良い。筆者の場合はそれが功を奏した。更に絞る場合は、ハードルは高いけど本当はしたいこと、と現実的なことそれぞれ1つずつあったほうが良い。

 Point ② 選択肢が多い場合はまず2~3点に絞る!本当にやりたいことと現実的な    ことを入れよう!

下記が候補になった3点。

選択肢1:JICAボランティアの短期募集に応募する

選択肢3:日本で国際協力関連の仕事をする⇨現実的なこと

選択肢6:海外の民間企業で国際協力とは関係ない仕事をする⇨ハードルが高いこと

     (外資系企業ではなく、日本企業で海外駐在をするという意味)

 

メリットとデメリット

次にそれぞれを選択した場合のメリットとデメリットを考える。頭で考えるよりも紙に書きだした方がわかりやすく整理ができる。

候補1:JICAボランティアの短期募集に応募する

メリット:2年の経験を生かしてもう一度バングラデシュで活動ができる

デメリット:結婚は早くても1年半後。しばらく別居生活。

候補2:日本で国際協力関連の仕事をする

メリット:結婚準備が進めやすい。同居ができる。

デメリット:日本で生活することにワクワクしない

候補3:バングラデシュに駐在できる日系民間企業で働く

メリット:バングラデシュで仕事ができる。収入面の心配がいらなくなる。

デメリット:結婚準備が難しい。別居生活。

 Point ③ それぞれのメリットとデメリットを書き出してみよう!

 

順位付け

次に順番を付ける。この時気を付けることは、外部要因を考えない事。筆者の場合は結婚。結婚ともなれば相手の意見もある。しかしまずはそこは考えずに自分がやりたいことでいい。

1番:バングラデシュに駐在できる日系民間企業で働く

2番:JICAボランティアの短期募集に応募する

3番:日本で国際協力関連の仕事をする

筆者の場合は、このような順番になった。読者が悩む選択肢の中には同時進行でできるものとできないものがあるだろう。同時進行もできず、一つを選んで失敗したらそれ以外もできなくなる場合もあるかもしれない。ここではそれについては言及しない。

 Point ④ 本当にこうなったらいいと思う順番に並び替えよう!

筆者の場合は2は応募時期というものがあり、同時進行できるものは1と3。しかし同時進行はせずに1のみにまずは絞って活動を進めていった。その過程では結婚相手や家族の意見も聞きながら進めて、結果2と3のプロセスを踏まずに、1に決定し、バングラデシュに戻ることになった。

決まればあとはそこに向かって、解決しなければいけない問題をクリアしていけばいい。

 

決定後に悩むな

さてここで問題。

もしかしたら、決定したのにも関わらず、これでよかったのだろうかと悩む場合があるだろう。そう、「果たしてBESTな選択だったのだろうか」と。筆者の意見を述べさせてもらえば、BESTかどうかは選択時点で判断することは不可能。不可能なことに時間を費やすくらいであれば、「その選択がBESTだったと思えるように努力する」ことの方が大切だ。それが自分に自信をつけることにも繋がっていく。

仮に別の選択をしていたとしても同じこと。だったら、悩んで決定したことをBESTにもっていく思考に切り替えた方がいい。

選択しなかった候補については、決定した後は考えない。もしくは後に選択しなかった候補にも挑戦する機会を設ける。そう考えていかなければ物事は進んでいかない。

 Point ⑤ 決定後はその選択がBESTになるように努力する!

 

ステーションまとめ

Point ① 選択に迫られたとき、悩むのは悪いことではない!

Point ② 選択肢が多い場合はまず2~3点に絞る!本当にやりたいことと現実   的なことを入れよう!

Point ③ それぞれのメリットとデメリットを書き出してみよう!

Point ④ 本当にこうなったらいいという順番に並び替えよう!

Point ⑤ 決定後はその選択がBESTになるように努力する!

 

さあJICAボランティアへの応募を迷っている人がいたら、まずは決定してチャレンジしてみよう(笑)相談質問はいつでもお待ちしております。twitterかfacebookへどうぞ!

 

決定できたら、次のステーションへGO! 

 

読者登録お願いします!

© 2016 ジェイ・ステーション